各地の青年活動

名古屋教区

2020年11月現在

教区の基本情報
名古屋教区は、昨年から青少年司牧の関係する3つの委員会(教会学校教師会・中高生会・ 青年委員会)をひとつの部として、活動の連携をしやすくするために現在体制を整えつつあります。特に『子どもとともに捧げるインターナショナルミサ』での協力や、夏の『ヒロシマ巡礼』 も中高生会と合同で企画し、青年たちを中心に、小学生・中高生たちとの関わっていく中で次の 世代につながりをつくっていけるような雰囲気づくりを大切にしています。また、青年委員会で は、活動の柱として「A-GIFT」をキャッチフレーズに、名古屋(東海地方)だけが名古屋 教区なのではなくて、福井・石川・富山(北陸地方)も、同じわたしたちの教区のメンバーであ ることを意識しながら各小教区の青年たちの関わりをつくっていくことに重点をおいています。 特に一昨年開催された「ネットワークミーティング in 北陸」の開催ではその準備の過程において、名古屋・北陸の青年たちが協力し合いながら、北陸のそれぞれの小教区をPR訪問し、青年 たちとの新たな出会いや、つながり(同時に外国籍の若者たちも含め)を作ってきました。これを機に、青年たちがさらにリードしながら、名古屋教区が「ひとつ」となっていければと願っています。
活動報告
  • ラスチューキャット(毎月最終の日曜日)
    YOUCAT を用いて分かち合い学び合う場を毎月最終の日曜日に行っています。
  • セカン土シアター(毎月第 2 土曜日)
    キリスト教的メッセージのある映画、聖書の話をもとにした映画などを青年たちで集まって鑑賞 する企画を毎月第2土曜日に行っています。
  • オンライン分かち合い
    ZOOM を活用して分かち合いを行いました。10 月に 2 回目も計画中です。