各地の青年活動

京都教区

2017年3月現在

教区の基本情報
京都教区には青年センターというものがあり、青年が集まり活動を行う場となったり、その情報源となったり、小教区に情報を発信したりしています。その青年センターを運営していくために、2ヵ月に1回、運営委員会を開催し、その中で青年センターのイベント発案や、課題についての話し合いを行っています。
また、京都教区には青少年委員会というものがあり、青年や中高生を対象に合宿を行っています。青年センターも青少年委員会内の組織です。
活動報告
  • ジョバニ
    年に4回、機関誌として発行しています。実施されている青年活動の報告などを行っています。
  • 青年のための聖書の集い
    毎月の第3土曜日の18時から、1時間程度の時間を設けて開催しています。(参加人数:10名程度)毎回担当者がみんなと分かち合いたい聖書の箇所を探してきて、分かち合います。進め方は担当者に任されており、毎回異なった進め方となっています。それを楽しみにしている常連の参加者もいます。(次年度からは奇数月の開催になります)
  • 中学生会
    春と冬の年2回、青年がリーダーとして、ミーティングを重ね準備を行います。
    冬:2016年12月27日(火)~28日(水)「Who are you?」をテーマに、中学生たちと分かち合いを実施しました。
    春:2017年3月27日(月)~29日(水)「ズッ友、みぃつけた。」をテーマに分かち合いを実施します。
  • 広島平和巡礼
    2016年8月5日(金)~7日(日) 巡礼や分かち合いを通して平和について考えます。近年は京都教区だけでなく、姉妹教区である韓国の済州(チェジュ)教区の中学生も一緒に参加していますが、2016年は京都教区単独での開催となりました。
  • YES2016
    2016年11月12日(土)~13日(日) テーマ「いつくしみ深く、御父のように」
    京都教区の青年を中心に30名弱の参加者を迎え開催しました。いつくしみの特別聖年大勅書に関する分かち合いを行ったり、大塚司教によるカテケージスがあったりしました。翌日にはいつくしみの特別聖年閉門ミサに与りました。
  • 春プロジェクト
    2016年5月21(土)~22日(日)に、滋賀県のメリノールハウスで今年初めて行いました。青年同士が繋がる場を作るために企画しました。テーマは「Go with me」ということで「me」が誰であるかについて集いを通して個人個人が考えていきました。
イベントなどのお知らせ
  • 青少年交流会
    偶数月の第3土曜日に行われる運営委員会に併せて、翌日の主日のミサ後に中高生を交えて交流会を行っています。
  • 青年のための聖書の集い
    奇数月の第3土曜日の18時から、1時間程度の時間を設けて開催しています。毎回担当者がみんなと分かち合いたい聖書の箇所を探してきて、神父様と共に分かち合います。進め方は担当者の自由で、いつも新鮮な分かち合いができます。
  • ※活動については、HP(http://www.kyoto.catholic.jp/seinen/)で案内や報告などを行っています。

みんなに伝えたいこと
京都教区は、進学や転勤をきっかけに活動に参加している人や、中学時代から関わりのある人など様々な人がいます。とてもアットホームでとても楽しいです!一人一人の個性が強いのも京都教区の魅力だと思います。
京都教区の人たちは、個人個人の繋がりがとても強く青年同士をつなげる企画もたくさんあるので「つながる」ということを凄く体現している教区であると思います。
何事に対しても真剣に取り組んでいます。やる気はどこの教区にも負けません!実行あるのみ!!
青年連絡窓口
京都カトリック青年センター
TEL:075-414-6239
FAX:075-414-6249
Email:seinen@kyoto.catholic.jp
ホームページURL:http://www.kyoto.catholic.jp/seinen/
【開館時間】
火曜日:9:00~13:00
水曜日:16:00~20:00
木曜日:9:00~12:00
金曜日:16:00~20:00
土曜日:17:00~21:00
【休館】月、日、祝日